Skip to content

オフィス移転のタイミング

業務を拡大していく中で従業員が増えていくと必ずオフィス移転が必要になってきます。

しかし、実際にオフィス移転を行おうとすると通常業務を行いながら並行して移転のプロジェクトを実行することになるので中々計画が立てにくく、実行のタイミングとしても判断が難しいものがあります。

分かりやすいオフィス移転のタイミングとしては物理的な理由が浮かんできた時です。事業拡大に伴って人員を増やそうとすると必ずその分のスペースが必要になります。

もしそのままのスペースで人員を増やせば今までよりも狭いスペースで仕事をすることになりますので、仕事の効率が悪くなったり生産性が下がるということが懸念されます。

また、それまでオフィスに入っていた物も入らなくなる可能性もありますので、こうした物理的な問題に悩まされるようであれば移転のタイミングと言えます。人事に関する問題解決にオフィス移転が有効な場合もあります。

オフィスは会社の顔というのは誰もが知っていることです。古びたビルの一室に会社を構えているのと、駅前のお洒落なビルに会社を構えているのでは社員のモチベーションにもかなり違いが出てきます。

商談の際にも話題になりやすいので業績にも影響する可能性もあります。また、優秀な人材を獲得するには、やはり認知度や見栄えは効果的です。実際に人材獲得に悩んでいる企業には立地や外観などに問題があるという指摘も多数あり、オフィス移転を行うことで改善したという例もあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です