Skip to content

オフィスレイアウトとデザインと

オフィスでの仕事の効率を上げたい考えた場合に重視しておきたいのが、オフィスレイアウトです。

デザイン性が高いレイアウトが良いと考える人もいるでしょう。

ですが、ただ仕事をしていく上で重要になってくるのは、見た目だけではなく、仕事がしやすい環境を意識しておく事です。仕事をしやすい環境というのは、職種によって異なります。

事務職やコミュニケーションが重要になってくる職場の場合、お互いの顔が見えやすく、話をしやすい状態のオフィスレイアウトを心がけておく事が重要になります。

その為に有効なデザインは、一般的な作業をする人は向い合せで座るように配置をし、支持をする人は一番端で全体を見渡せるように座るようにしていく事が有効です。

それによって、コミュニケーションを取りながら、作業を進めやすくなります。

同じようにコミュニケーションを取る事を重視した配置となるのが、それぞれのデスクが壁に向かうように配置し、それぞれのデスクからすぐに移動できる場所に、気軽にコミュニケーションが出来るテーブルを用意しておく方法です。

それによって、作業をする時は作業に集中し、必要な時にはしっかりとコミュニケーションを取る事が出来る配置となります。

プログラマー等、集中して作業をしたいと考える人に最適なオフィスレイアウトとなるのが、一人ずつのブースをしっかりと確保したオフィスレイアウトのデザインです。それによって、周りの影響を受ける事なく、仕事に集中しやすい環境作りが可能となります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です