Skip to content

オフィス移転でのポイント

企業経営において、何らかの理由によりオフィス移転を考えることがあります。

急な移転の場合もあれば、戦略的に計画された移転の場合もあり、どのような理由であれ今後の活動に大きく影響を及ぼす可能性が高いです。

そのため、オフィス移転にあたっては、失敗しないためにいくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

まずは立地条件です。取引先から近いとか、駅から近くて利便性が良いなど、
様々な立地条件から選ぶことになりますが、その際のポイントとしては、現在の経営の状況や環境を客観的に捉え、どの場所であれば現状よりももっと効率的かつ効果的な経営が出来るのかを考えることです。

基本と言えば基本ですが意外と盲点なので、必ず意識しておきましょう。

次に、賃貸なら賃貸料、土地や建物の買い取りならローンなど、今後かかるであろう費用の概算です。

オフィス移転実施するのであれば、従来の場所で行う経営よりも良い環境で行う必要があるため、出来る限り賃貸料やローンなどの費用も最小限に抑えたいところです。
また、それらの費用は今後の経営にも影響するものなので、将来支出について詳細に計算しておくとより効果的です。

オフィス移転をサポートしてくれる業者選びも重要です。オフィス移転は通常の移転や引っ越しと異なり、移転後すぐに営業を再開できるように考慮したり、営業しやすい配置に備品を設置したりする必要があります。

そのため、それらに慣れている専門の業者選びによって、移転や移転後の効率性が変わるため、慎重に選ぶようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です