Skip to content

介護施設のオフィス移転をするメリットとデメリット

j介護施設のオフィス移転をすると、広くて使いやすい、レンタルも可能、駐車場があるなどのメリットが期待可能です。

例えば自宅を介護施設の事務所として使っていて、人を増やした場合は、家の中が狭いと考えてもおかしくありません。一般家庭にはトイレは1つなため、トイレは場合によっては順番待ちになると想定されます。土地を購入し建物を建築してオフィス移転すると、大人数でも入れる施設でトイレも複数用意されるため、以前よりも利用しやすいと同僚は感じるはずです。そして、以前よりも仕事が捗るようになっていくので、オフィス移転して良かったと責任者は大喜びします。

あと、オフィスはレンタルすることもできるため、土地や建物を買う必要はありません。レンタルすれば毎月決められた額を支払えば済むので、費用面で楽ができます。

また、移転前に駐車場が狭かった場合は、移転先に広めな駐車場を作る可能性が高いです。その時は自身だけでなく、同僚も喜んで活用してくれます。

デメリットは移転先の住所と電話番号を顧客に伝える必要が生じる、オフィス移転先に適した場所がわかりにくいなどです。

移転したことを顧客に伝えておかないと、後々トラブルが発生することがあるため、移転先の情報を教える必要があります。複数顧客がいる際は、面倒な作業ですが長くても1時間ほど頑張れば終わります。

あと、移転先については、交通の便がよく顧客の所へ行きやすい場所を選ぶといいです。車で移動することが多い仕事なので、郊外に設置しても問題ないです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です