Skip to content

オフィスレイアウトの基本

オフィスは一日のほとんどを過ごすことになる場所です。より快適な環境にしておくことで能率もよくなり、レイアウトも作業性を考えてバランスよくする必要があります。

きれいで快適な空間は仕事をする人だけでなく、そこに訪れる外部の人の気持ちもよくなるものです。

そのような場所で商談を進めることが出来る方が印象もよくなります。

特にエントランス部分と打ち合わせを行うことができる商談スペースは良い印象をあたえるようなオフィスレイアウトにしておくことです。

実際に仕事を行う場所となるオフィスレイアウトはオープンなスペースにするのか集中して仕事ができるようにするのか、またその両方を組み合わせたものにするか方向性を決める必要があります。仕事の内容によって変わってくることにはなりますが、コミュニケーション重視であればオープンスペースのほうが良いことがあります。

集中して仕事をする場合にしても、ずっとその集中力を維持するのは難しいのです。やはり気分を入れ替えることができるようなリフレッシュスペースがオフィスレイアウトにあると仕事の能率もよくなるのです。

リフレッシュスペースは気軽に誰でも入ることができるようにすることです。
そこで気分を入れ替えることができるようにすることと、いろいろな人とコミュニケーションを取ることができるようになるので、なにかヒントを得ることができるようなことにもなります。このようにオフィス移転でオフィスレイアウトを変えるタイミングで見直すことができるといいです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です